ASA国立西部 口コミ&アンケート情報

<< 前のページへ戻る

口コミ&アンケート結果レポート!

6月のプレゼントの際、『好きな夏野菜やお気に入りの食べ方など』についてアンケートしたところ、以下のような回答を頂きましたのでレポートします!

 
好きな夏野菜やお気に入りの食べ方など
 

★トマト

お便り
氏名・ペンネーム

今では1年中あるトマト。でも、やっぱり夏のトマトは美味しい!!砂糖を少々入れたドレッシングをつくり、玉ねぎのみじん切り、パセリ(量はお好みで)をドレッシングと混ぜる。冷えた輪切りのトマトの上に冷えたドレッシングをかける。パセリの代わりにバジルもいいかも…。

ヤッチャン様

トマトを輪切りにして、フライパンに少し油をひき、トマトを入れて塩、コショウします。両面を返して、溶けるチーズをのせてフタをします。チーズが溶けたら出来上がり。おつまみにぴったり。

富士見台2 H様

トマトを輪切りにしオリーブオイルで軽く炒め、バルサミコ酢をかけ回します。トマトがとろけて、ソースと絡まり美味しいです。

パイン様

暑い時は、トマトを薄切りにして重ならないようにお皿に並べ、30分ほど冷凍庫に入れてから食べます。

U様

トマトと玉ねぎのサラダ…@トマト1個をスライスして皿に並べる。A玉ネギ半個をスライスしてトマトの上にのせる。Bシソの葉をみじん切りにして上にまぶす。C酢大さじ2、砂糖小さじ1、醤油小さじ1.5、オリーブオイル大さじ1のドレッシングをかける。Dかつお節1パックを最後にかける。

M.Y様

ミニトマトを育てています。沢山出来るとトマトソースにして、ミートスパゲッティーやカレーにたっぷり入れて夏バテ予防食として食べています。

ノッキー様

トマト…ガスパチョ、夏の暑い時に火を使わずにできるのが良い。モロヘイヤ…モロヘイヤスープ、夏バテにぴったりのスープ。

矢川3 N様
 
 

★枝豆

お便り
氏名・ペンネーム

「トマトと枝豆のパスタ」。潰したニンニクとオリーブ油をフライパンに入れ、火を点ける。香りがしてきたら、串切りにしたトマトをソテーする。焼き目がついたら、茹でた枝豆と少し短めの時間で茹でたパスタを加える。火を止め、塩・胡椒で味を調える。トマト・枝豆はお好きな量を入れて下さい。枝豆を蚕豆にしても美味ですよ!!

国立南ちゃん

枝豆大好き。茹でて、塩して。普通に茹でて薄皮をとってズンダ餅。東北は秋になると作ります。夏野菜でダメなのはトマト。茗荷は薬味にしたり、甘酢漬けにする。

サクランボ様

枝豆とトウモロコシはシンプルに茹でるのが一番。子供も(大人も)、おやつにもなるし、ごはんのおかずにも。塩はサッとかけて、身体には塩分控えめに。

聡ちゃん様

枝豆、何より栄養に優れているので夏バテしない。ズッキーニ、最近我が家では輪切りにして焼いたら、ナスと一緒にラタトゥーユにしています。

富士見台2 I様

枝豆。

谷保 N様
 
 

★茄子

お便り
氏名・ペンネーム

緑色の茄子は厚切りにして、じっくりソテーするととろけるように柔らかくなります。味噌だれなどお好みの味で。

富士見台1 O様

茄子。揚げ浸しで、冷やして、食べると美味しいです。お素麺のお供にも。

こけもも様

揚げ茄子をダシに漬けて、冷やして食べるのが大好きです。

富士見台1 T様

茄子を乱切りにして、多めの油で炒め(揚げ)、すりおろした生姜と醤油を入れたボールに次々と入れる。ピーマンを加えても美味。お弁当に好評です。くし形に切ったトマトに軽く塩をして、しばらく置き、フライパンで炒め、溶き卵をからめる。キレイ!

ひろりんりん様

茄子とピーマンの味噌いため。実家から送られた母手作りの味噌で、素朴な味付けの夏の一品です。

青柳1 H様

ナス、ズッキーニなど淡泊な野菜を1センチ丸切り、油で焼いて、ゴマ味噌で食べると美味しい。

TM様
 
 

★冬瓜

お便り
氏名・ペンネーム

冬瓜の皮をむいて中身をくり抜き、1口大に切る。かつおダシ(麺つゆでもOK)で煮るだけ。ショウガの千切りを忘れずに!冬瓜は利尿作用に富んでいるので夏にピッタリ!むくみに悩む産後直後の女性にもオススメの一品ですよ!

タンタン様

冬瓜ですが、皮をむいて種を取り、大き目の乱切りにして、鶏の手羽元と一緒にスープ煮します。ダシは昆布と煮干しの粉、中華味で味付けし、塩加減が良ければ最後に醤油をたらし、万能ねぎを散らす。

いもたこなんきん様

冬瓜はカニ缶と一緒に白醤油で煮て、とろみをつけて、冷やして食べます。ミニトマトを湯むきにして、蜂蜜とフレンチドレッシングを合わせたものに漬けて、冷やします。

オーラケ様
 
 

★ししとう

お便り
氏名・ペンネーム

シシトウのジャコ炒め…@シシトウを開き、種を出す。Aフライパンにごま油小さじ1をひき、シシトウを炒める。Bジャコを入れ、みりん大さじ1を入れ、1分くらい炒める。C醤油を小さじ1/2入れ、香りをつける。

M.Y様

ししとう…サッと油で素揚げして、天つゆで食べます。ショウガを入れても美味しいです。

谷保 H様

ししとう、フライパンで塩で炒める。

富士見台1 M様
 
 

★とうもろこし

お便り
氏名・ペンネーム

トウモロコシは茹でて、塩をふって食べる。これが一番美味しいです。

シュークリーム様

トウモロコシの皮一枚を残し、新聞紙に包み、レンジで約5分。

谷保 A様

とうもろこし…電子レンジでチンして食べる。

谷保 S様

とうもろこし、茹でるにかぎります!

日本様
 
 

★ゴーヤ

お便り
氏名・ペンネーム

ゴーヤは油でゴーヤチップ(薄切り)にする。トウモロコシは米と一緒に炊く。トマトはカレーに入れたり、みそ汁に入れたり。

谷保 Y様

ゴーヤ肉詰め(1.5cmのスライスに、肉詰めし、甘辛く味付け)は、苦味も気にならず、美味しいです。

谷保 H様

夏はゴーヤチャンプルー!冷やしソーメンに薬味たくさん!

富士見台4 N様
 
 

★夏野菜いろいろ…

お便り
氏名・ペンネーム

山形のだし。いくらあっても食べられます。きゅうり、ミョウガ、オクラ、ナス、大葉、ネギなどすべてを粗ミジン切りにし、少量の塩を全体にまぶしてしばらくおく。余分な水分を絞ったら、めんつゆ、削り節、を加えて混ぜたらできあがり。ごはん、豆腐、そうめんなどにかけていただく。

kamo様

なす、きゅうりは漬物(ぬか)。なす、冬瓜は冷煮びたし、最高!

富士見台2 T様

オクラ、ミョウガ、めかぶを刻んで納豆に混ぜ、丼にしたり、そうめんの麺つゆに混ぜると元気がでます。

富士見台2 M様

オクラ・茗荷を細かく切り、かきまぜた納豆と一緒に油揚げの中に入れ、網で弱火で焼きます。大根おろし・しそ等の薬味と醤油でいただくと、初夏の香りでいっぱいです。ビタミン・カリウム、いっぱい。

りょりょちゃんママ様

きゅうり…大きく育ってしまったものは、きゅうりもみや炒め漬け、きゅうちゃん漬け、佃煮などにします。

富士見台1 Y様

茗荷や胡瓜の糠漬け、大好きです。

Ms.A様

何と言っても、夏は新鮮な茄子と胡瓜の塩もみ漬けです。茄子と胡瓜を薄切りして、大葉・茗荷の細かく切ったものを塩でもみます。

谷保 Y様

きゅうり、なす(さいの目)、ミョウガ(細かく刻む)、枝豆を加え、塩でもむ。トマト、タマネギを薄切りにして、甘酢に漬ける。ごま油をかけても良い。どちらもさっぱり、たくさんいただけます。

泉 S様

ピーマンを細切りにして電子レンジで火が通るくらいまで加熱し、塩こんぶと油をきったツナを混ぜると美味しいです!

isokko様

ラタトゥイユを良く作ります。トマト、なす、ズッキーニ、玉ねぎ等をオリーブ油で炒めます。月桂樹の葉は欠かさずに。味付けは塩・胡椒だけでも十分です。国立産の野菜を使えば、格別に美味しいです。

谷保 I様

夏野菜は何でも好きですが、お勧めは夏野菜のカレー。水を入れずにトマト等の水分だけで作るカレーが好きです。

ぴーちゃん様

パンプキンブレッドに夏野菜(オクラとトマト、しょうゆ付)を挟んで食べてみて!夏バテなし!!

富士見台2 T様

お昼のお弁当です。タッパーに素麺を入れて、トマトやキュウリ、オクラ、梅干しをのせる。食べる直前につゆと納豆を入れて食べると美味です。保冷剤を入れておくと、昼までひんやりしています。

K.H様

オリーブオイル+クレイジーソルトの組み合わせが夏野菜に良く合うと思います。生のトマトに、蒸したオクラやトウモロコシに、焼きナスに…etc。シンプルなだけに少々奮発して香り高い良いオリーブオイルを使うのがコツです。

25様

ソラマメ。茹でてそのままいただきます。

アシジ様
 
 

ご協力ありがとうございました!
今年も既に猛暑が続いています。
ありがたいことに、この時期の野菜は身体に必要な栄養が豊富に含まれています。
今回のアンケートが美味しく食べて、夏バテ予防のお役に立てれば幸いです。

<< 前のページへ戻る