ASA国立西部 口コミ&アンケート情報

<< 前のページへ戻る

口コミ&アンケート結果レポート!

2月のプレゼントの際、『卒業や桜など「春」にまつわる歌で好きな一曲』についてアンケートしたところ、以下のような回答を頂きましたのでレポートします!

 
春にまつわる好きな一曲、思い出の一曲
 
お便り
氏名・ペンネーム
「仰げば尊し」です。ここ何十年か卒業式に歌われなくなりました。残念です。子供らの卒業式の時は、一度も歌われることもなく、涙も出ず、とても寂しかった思い出があります。親子共通ではなくなった。 富士見台2 H様
今はあまり歌われていないようですが、「仰げば尊し」です。厳粛な卒業式で涙ながらに歌った事が懐かしく思い出されます。 富士見台1 O様
「仰げば尊し」。とにかく身に染み込んでいる歌(曲)で、今でもその時の気分が出てくるほど。
富士見台1 I様
卒業式に歌った「仰げば尊し」の名文句。想い出す度に、当時の卒業式(小学校)が懐かしい。 青柳 S様
昔の卒業式の歌、「仰げば尊し」 谷保 N様
卒業といえば「仰げば尊し」。学生の思い出が全て思い出されます。桜は「桜坂」です!! 泉2 I様
本当に春の季節の歌は多いですが…、やはり福山雅治さんの「桜坂」ですかねぇ〜。国立の桜の中で聴くと、ジーンとします。 富士見台2 U様
福山雅治が好きなので、「桜坂」です。 めん好き様
ユーミンの「卒業写真」を聞くと、その昔、10代、20代の頃の自分を思い出します。単純でまっすぐなメロディと歌い方が好きです! 富士見台1 K様
ユーミンの「卒業写真」は名曲だと思います。この年になって聞いても、学生時代を思い出します。 富士見台2 K様
松任谷由美の「卒業写真」。30年前、高校の卒業式で、全員で歌いました。思い出の曲です。 チラシ大好きマン様
「卒業写真」ですね。卒業と聞くと即、頭の中に浮かぶメロディーはこの曲。理由なんてないのかなぁー。 谷保 K様
「春よ来い」。ユーミンのこの曲が春を思わせますね。復興の思いも込めて…。 マイマイ様
「春よ来い」(松任谷由実)。高校の時に文化祭で合唱しました☆ 青柳 T様
SPEED「My graduation」。この曲を聞くと、楽しかった高校生活、仲間との別れに淋しさを感じながらも、新たに始まる大学生活に期待や希望を抱いていた自分を思い出すから。 青柳 K様
SPEEDの「My graduation」。大人になるために心構えを(エモーショナルに)整えていく感じ。 富士見台4 H様
「卒業」(斉藤由貴)。制服の胸のボタンを下級生達にねだられ〜。懐かしいの一言です。 ナオ様
斉藤由貴の「卒業」。中学生の頃を思い出します。 青柳1 K様
「さくらさくら」作詞・作曲:不明。日本古謡「さくら、さくら、やよいの空は見わたす限り、かすみか雲か、匂いぞ出ずる、いざやいざや、見にゆかん」。
<別バージョンの歌詞>「さくら、さくら、野山も里も、見わたす限り、かすみか雲か、朝日ににおう、さくら、さくら、花ざかり。」
富士見台1 F様
終戦後、疎開先の北上川の土手の桜の花見の折、旧家からお琴の「さくらさくら」が聞こえてきて、子供心ながら聞き惚れて、今でも「さくら」の琴の音を聴くと、その頃を思い出して涙が出ます。 富士見台1 I様
「ほたるの光」は卒業式で歌いました。今はちがう曲ですが、いい曲です。小・中の卒業式など。 谷保 M様
卒業と言えばやはり,何といっても卒業式で歌った「ほたるの光」ですね。小学校の卒業式を思い出します。 谷保 W様
「さくら」(森山直太朗)。 谷保 N様
森山直太朗「さくら」 矢川3 T様
曲名「花」(武島羽衣 作曲、滝廉太郎 作曲)。「春のうららの隅田川…」の歌い出しで有名な桜花の代表曲、お花見など春の集いで先ず歌われる曲。 谷保 K様
「隅田川」。寒い冬を耐え、開放的な春を実感できるから。 富士見台1 Y様
卒業といえば、尾崎豊かな。思い出は小学校の卒業式で歌った「いい日旅立ち」です。。 谷保 N様
山口百恵「いい日旅立ち」。舟木一夫「高校三年生」「ああ上野駅」、高校卒業して上京する時に、上野駅に着いた時に何気なく歌っていたのを思い出しました。 さくら様
「四ツ葉のクローバー」。女学校は戦時中の学徒動員で働きに行った軍需工場では昼休みに軍歌ではなくて、日本の美しい歌曲をたくさん歌いました。そのころ覚えた歌の歌詞は今でも思い出せます。 富士見台1 S様
蛍の光、仰げば尊し、贈る言葉など。わが師の恩は、先生だけではない。人生で出会ったたくさんの無名の人たちが、わが師であったことを歳をとって知った。 谷保 A様
「すみれの花咲く頃」。宝塚が好きだった亡くなった母がよく口ずさんでいた歌で、初めの5章節が特に好きです。春、すみれ咲き、春を告げる…。 富士見台2 O様
レミオロメンの「3月9日」が好きです。TVドラマ「1リットルの涙」の中で合唱曲として使われていました。この頃の沢尻エリカは天使のようでした。 青柳 G様
「ふるさと」。兎追いしかの山…。子供が小学生の時、学校で習ってきて一緒に何度も何度も練習しました。とても懐かしいです。 谷保 M様
スピッツの「空も飛べるはず」。透明感があって、明るい曲調なので。不透明な現代にピッタリです。 K.S様
「校歌」・・小学校や中学等、もうその時で歌うのが人生で最後だと思うと感慨深かったです。 谷保 I様
中学生のときの卒業式に歌った、「巣立ちの歌」。当時より今になって、良さがわかります! 富士見台1 W様
「思い出のアルバム」。卒園式の定番ソングです。子供達の歌声に涙が出てきます。 谷保 T様
エグザイル「道」。東日本大震災で卒業式が遅れ、この歌によって助けられた。
谷保 I様
「サライ」(谷村新司)。弾厚作曲&谷村の詩です。旅立ち・巣立ちに合う曲です。 富士見台2 T様
嵐の「ハピネス」。これから明るくがんばろうという気持ちになります。 谷保 M様
AKB48「桜の木になろう」。春にぴったりの歌です。 青柳1 I様
「贈る言葉」です。中学生時代が懐かしいです。 富士見台1 I様
好きな曲は「早春賦」です。 富士見台2 T様
コブクロの「桜」です。 富士見台2 K様
「赤いスイトピー」 谷保 H様
「青春時代」 谷保 K様
 

ご協力ありがとうございました!
曲名を聞くだけで、頭にメロディーが浮かんできます。
…と同時に、当時の風景や感情までがよみがえってきます。
大切な時間とその時に聞いた音楽は一緒に身体の中に溶け込んでいるのでしょうね。

<< 前のページへ戻る