ASA国立西部 口コミ&アンケート情報

<< 前のページへ戻る

口コミ&アンケート結果レポート!

11月のプレゼントの際、『地震や風水害への備えや体験談』についてアンケートしたところ、
以下のような回答を頂きましたのでレポートします!

 @地震や風水害に何かしら備えていますか?
備えている:11件 少しずつ備えている:57件 何も準備していない:21件  

 
 地震や風水害体験がございましたら、教えて下さい。
 

 
地方に住んでいる時、街が洪水になり、道路がまるで湖のようになってる中、車を運転して会社に行きました。お陰で車内は水が入りこんで後処理がとっても大変でした。次の日は交通網は止まっているので、道路が水でうまっている中、濡れてもいいようにビーチサンダルを履いて出勤しました。会社のエレベータの中でみんなの足元をみると誰も裸足にサンダル・・・なんとも面白い光景だったのを思い出しました。大変な事態なのに・・・。
[青柳 A様]

 
福岡で震度6弱の地震。・・・住んでいたマンションは5強位だったと思いますが、棚の上の物がすべり落ちてきました。ガスも止まりました。ガス会社などTelしても連絡はつきません。5弱と5強では揺れ方にものすごい差がありますので、ご注意くださいね。友人の家では本棚が倒れて、中にいた長女が出れなくなったとか。本棚の本はびっちりに入れておくと飛び出さなくて良いそうです。また、忘れずに金具で固定して下さいネ。
[SUZU様]

 
トイレで地震。一人住まいのアパートでトイレ中、強い揺れがあり、ドアが開かなくなり、一時間くらい閉じ込められました。閉所恐怖におそわれ、それ以来、ドアは開けたままです。
[富士見台1 M様]

 
終戦の前年、昭和19年12月と20年1月に三河地方に大きな地震がありました。戦時中で報道されませんでしたが、余震が続いて、毎晩、竹林の中で寝た事を思い出しました。
[富士見台1 S様]

 
妊婦の時、流産しそうになり入院していました。その時に起きたのが東海豪雨。下半身びしょ濡れになって主人がお見舞に来ました。色々な所が冠水したらしく、ニュースで何人かが水路などにはまり亡くなったことが分かりました。
[BOKU様]

 
海の堤防が切れ、海水が家屋1/2浸水(昭和25年のこと)。
[富士見台1 Y様]

 
台風で停電となり、夕飯、入浴、ろうそくで明かりをとった。
[富士見台1 O様]

 
出身が大阪市平野区。もちろん、あの阪神淡路大震災に遭っています。
[くいしんぼ様]

 
強風(台風)の影響で、南武線が止まってしまい、ドアの開いた車内で数時間立ち往生してしまいました。
[りなたん様]

 
旅行先で新潟地震の影響を受けました。おばあさんが気を失っていました。
[富士見台1 T様]

 
中学生の頃、新潟地震を体験しました。午前中でしたが、皆、パニックでした。夜遅くまで余震があり、恐怖で眠れませんでした。
[泉3 T様]

 
秋田地震の時、秋田県湯沢市の小学校がすごく揺れて、校庭にヒビが入ったのです。何事も体が元気でなければダメだと言う事を実感しました。
[さくら様]

 

 
体験ではないですが、先日、市の”わくわく塾”の中の防災についてのお話を、市の防災課の方から聴きました。一般の話より”国立市の場合・・・”を聞けたので良かったです。
[S様]

 
幸い、それほど大きな地震・風水害の体験はありません。家族では災害時の集合場所など話し合っています。
[まるにる様]

 
自分自身では大地震等の体験はありませんが、各地で起きる災害のニュースを見ると、自分達も日頃から意識しなければいけないのだと感じます。
[谷保 S様]

 
幸いに、一度も体験した事がありません。
[青柳 S様]

 
この年まで、幸いな事に特になし!
[青柳 K様]

ご協力ありがとうございました!
貴重な体験談を教えて頂き、非常に参考になりました。
災害は忘れた頃にやってくると言いますが、地球温暖化によって台風が年々強くなっていくという予想や、首都直下型地震の発生も内閣府で調査されています。通勤・通学中、家族が離れている場合、緊急地震速報が流れたらどう行動するか、水・緊急時の食糧等、平時であればこそ、備えを行っておきたいものです。

<< 前のページへ戻る