ASA国立西部 口コミ&アンケート情報

<< 前のページへ戻る

口コミ&アンケート結果レポート!

2月のプレゼントの際、『お花見』についてアンケートしたところ、
以下のような回答を頂きましたのでレポートします!

 お花見には行かれますか?
 お気に入りのお花見場所や楽しみ方を教えて下さい。
【 大学通り 】 28件
☆大学通りの芝生。[谷保 Y様]
☆大学通り。陸橋の上から見る。[富士見台1 O様]
☆国立大学通り(旧友と逢う日)年に一度。[富士見台2 Y様]
☆国立大学通りをおさんぽ!![谷保 K様]
☆国立大学通り。出店で買って食べ歩き。[谷保 O様]

【 桜通り 】 25件
☆近場は桜通りが一番です。昨年は河津桜を見に行きました。[谷保 S様]
☆桜通りを犬を連れて散歩する。[青柳1 K様]
☆桜通りをぐるっと回ります。[富士見台2 H様]
☆桜通りを早朝に![富士見台1 N様]
☆矢川駅からの桜通りがキレイです。[富士見台1 S様]
☆一番はさくら通り、遠回りしても寄ってしまいます。[泉3 T様]

【 国立市内 】 16件
☆国立市にいれば、毎日がお花見のようです。家の前にも桜の木があり、楽しみです。[富士見台1 I様]
☆国立市内の公園←大体、桜の木がある。[谷保 S様]
☆市内巡り。[谷保 T様]
☆市内の公園、どこでもOK。[富士見台2 H様]
☆国立は遠くまで出かけなくても街中が桜の名所みたいなもの。買い物などの際、いつもと違う道を歩いてみるだけでも気分が変わり、楽しめると思いますよ。[富士見台4 I様]

【 昭和記念公園 】 7件
☆昭和記念公園、高幡不動など近くにステキなお花見できる所があります。[青柳 H様]
☆子供が小さいので、昭和記念公園の広々とした環境が最適です。[青柳1 T様]
☆昭和記念公園。お弁当とボールを持って、家族で1日過ごす。絵の具セット持参で絵を家族で描く。[谷保 I様]

【 高尾 】 6件
☆さくら通りや大学通りは言うまでもありませんが、ちょっと遅れて高尾の多摩森林科学園のさくらも素敵!。[T様]

【 千鳥が淵 】 5件
☆千鳥が淵の桜を関西の母が来た時に見に行きましたが、とても感動していました。[富士見台1 K様]

【 井の頭公園 】 3件
☆井の頭公園。とてもきれいで、書ききれません。[谷保 I様]

【 小金井公園 】 2件
☆小金井公園。写真を撮る。[谷保 K様]

【 根川 】 2件
☆至城ホーム下の根川。川せみの美しい姿が見られます。[青柳3 O様]

【 上公園 】 2件
☆国立周辺、みごとの桜にうっとりします。矢川上公園。弁当、焼き鳥、少々の酒に酔う。[富士見台4 T様]

【 その他 】
☆静岡の川津桜
☆富士森公園
☆上野
☆新宿御苑
☆日立製作所の庭
☆六義園
☆靖国神社
☆飯田橋のCafe
☆神代植物園
☆府中郷土の森

■■■ お便り紹介 ■■■
☆やはり地元の大学通りと桜通り。このときは歩いて楽しみます。[谷保 N様]
☆国立大学通りと桜通りの交点。昔行った科学森林公園。[富士見台1 S様]
☆国立市の大学通りや桜通りは、犬の散歩をかねて、楽しみに歩いています。[谷保 Y様]
☆車椅子を押して、桜通り、大学通り。[富士見台1 K様]
☆近くは国立、遠くは高尾。おにぎり持って八王子あたり歩く。[富士見台2 M様]
☆やはり地元の大学通りと桜通りです。歩いているだけで幸せ。第三公園も近所のお友達同士でお弁当を持っていくのに絶好です。[富士見台2 K様]
☆大学通りや桜通りの桜のアーチの中を散歩すると、桜吹雪が最高です!! [谷保 I様]
☆桜のトンネルを車で通る。[谷保 W様]
☆大学通り〜桜通りを歩く。[谷保 K様]
☆甲州街道、南の根川から残掘川に続く桜並木。あまり有名ではないので、人込みも少なく、のんびり、ゆっくりお花見できます。毎年友人と二人で行くのが定例となってます。[青柳 N様]
☆千鳥が淵の夜桜が妖しく美しい。もちろん国立市内は散歩コースとして連日通います。花吹雪がいいですね。[谷保 A様]
☆私の楽しみは団地の夜桜。特に17号棟前、大島桜大木と染井吉野のコントラスト。[富士見台1 H様]
☆自宅のベランダでシートを敷き、桜通りの桜を見ます!!夜桜も良いです☆[富士見台1 W様]
☆カルフォルニアのベリンジャー社「ホワイト・ジンファンデル」は、お花見の時に飲みたいワインです。桜色した甘口のワインは、ほのかな苺の香りでとても飲みやすく、スパークリングタイプもあります。1,000円〜1,500円のお手頃価格もお勧めです。[富士見台2 F様]

ご協力ありがとうございました!
「桜」はなぜこれほどまでに日本人に愛されているのでしょうか。
花粉症の人には厳しい季節でしょうが、できれば、このひと時を楽しみたいものです。

<< 前のページへ戻る