お店からお知らせ

ASA国立西部からお知らせ

社会福祉活動のお知らせ
 
ベルマーク運動を応援しています!

 

子供達の笑顔のベルを
響かせよう!


ベルマーク運動とは?

 ベルマーク運動は、学校の教育設備を充実させるために、朝日新聞社創立80周年記念事業として1960年に始まりました。学校とPTA、企業が一体となり、さまざまな立場の人が協力しあって、子供達の教育環境をより良く変えていく運動です。
 
 2263校でスタートしたこの運動は、全国の保護者や先生、児童・生徒、地域の方に支えられて、年々大きな運動になっていきました。2006年4月からは、PTAのない大学や短期大学、公民館や生涯学習センターなどの学習団体も参加できるようになりました。学校以外の施設でも、必要な備品をベルマークで整備できるようになったのです。(参加数は約2万8000校)
 
 ベルマークは食品や文房具など私達が日常生活で使っている身近な商品2000種類以上に付いています。家庭で集められたベルマークは学校などで回収され、PTAや先生、児童・生徒の手で仕分けされ、財団に送られます。そして、ベルマーク1点が1円に換算され、ベルマーク預金が貯まります。学校はこの預金で、15の協力会社から必要な備品を買うことができるのです。また、購入金額の10%が協力会社からPTAに戻され、さらに財団へ寄付される仕組みになっています。その寄付金は、へき地の学校や養護学校、病院内学級、盲学校、ろう学校、災害被災校、海外の日本人学校、開発途上国の子供達の援助資金に充てられます。
 
 ベルマークで備品を買うことが、他の困っている子供達の支援にもなるのです。

 

 
ベルマーク運動の流れ

 

■各種お問合せ

  • 各種お問合せやお申込みは下記からお願いします。
  • 直前のご連絡ですと、ご希望に添えない場合がございます
★ お早めにご連絡下さい ★

 

WEBからのご連絡はこちらWEBからのご連絡はこちら
24時間受付
ページトップへページトップへ