ASA国立西部 お店からのお知らせ

お店からのお知らせ

2018年5月〜の古紙回収予定

回収日 回収地域
5月11日(金) 1区、泉団地
5月17日(木) 4区
5月19日(土) 3区
5月21日(月) 5区
5月25日(金) 2区
5月28日(月) 6区
6月8日(金) 1区、矢川団地

〜お客様の回収地域番号(区)について〜
★自動振替・クレジット支払のお客様は、領収書の名前の下の数字
○○○ー○○○○ー○○
↑この番号です。

★集金のお客様は、領収書の左上の数字
○○区○○○番
↑この数字です。

古紙回収に伺う地域には、前日の朝刊で「古紙回収チラシ」を配布いたします。

古紙回収チラシを上にのせて、紐を十字にかけて下さい。
朝九時頃までに、ポストか玄関などの道路から見える所へお出し下さい。
マンション、団地、アパートにお住まいの方は、部屋番号、お名前を記入の上、 一階入り口までお出し下さい。
台風・豪雪などを除き、雨天決行です。

【お問合せ】
電話:042−572−1929 メール:toiawase@kunitachi2525.com

好評発売中!

天声人語書き写しノート

※1冊216円(税込)でも販売しております。
この商品のお届けはASA国立西部の配達担当エリア(エリアはこちら)が対象となります。

天声人語書き写しノート脳トレ版
※1冊で一ヶ月分の書き写しができます。
この商品のお届けはASA国立西部の配達担当エリア(エリアはこちら)が対象となります。

天声人語書き写しノート学習用
※1冊で一ヶ月分の書き写しができます。
この商品のお届けはASA国立西部の配達担当エリア(エリアはこちら)が対象となります。

天声人語書き写しノート美文字版
※1冊で一ヶ月分の書き写しができます。
この商品のお届けはASA国立西部の配達担当エリア(エリアはこちら)が対象となります。


☆★☆ お申込みはASA国立西部まで ☆★☆
電話:042−572−1929  FAX:042−574−9941
もしくは、
【 WEB受付 】をご利用ください。

朝日新聞のデジタル版です!

朝日新聞デジタル
 
朝日新聞デジタル

朝日新聞の記事ニュースが、パソコンやiPad、iPhone、Android端末で読める電子版サービス、それが「朝日新聞デジタル」。

紙のように読める。
デジタルだからもっと便利に。

朝日新聞デジタルは、読み慣れた紙面の親しみやすさに「速報性」と、デジタルならではの「利便性」を加え、24時間365日役立つ情報をお届けします。

朝日新聞デジタルの特徴
 
朝日新聞デジタルの価格


朝日新聞デジタルの申込方法
 
朝日新聞デジタルの紹介コード
 
お申込みは下記専用サイトで、紹介コード 11374600 を御入力下さい。
※この数字をコピーして貼り付けると楽ですよ↑
 
朝日新聞デジタルのお申込み
 
朝日新聞デジタル版の詳細を知りたい方はこちら!

子どもたちの笑顔のベルを響かせよう!

《 ベルマーク運動とは? 》
商品についているベルマークを集めると、学校の備品を購入できる教育支援運動です。 また、購入した備品代金の一部は、ベルマーク教育助成財団に寄付され、へき地や特別支援学校(養護・盲・ろう学校)、被災校、開発途上国の子どもたちの教育支援に充てられています。
【詳細】ベルマーク財団のホームページ

☆☆☆ お問合せ ☆☆☆
電話:042−572−1929 FAX:042−574−9941 メール:toiawase@kunitachi2525.com

新聞ご購読料金のお支払いに、便利でお得なクレジットカード支払いは如何ですか?
ご利用できるカード会社

ご利用について

☆当店取扱新聞以外に雑誌などの支払いもOK
☆手数料は一切不要です。
☆カード会社のポイントが加算されます。
☆休日や夜間に集金を受けるわずらわしさがありません。
☆全国どこの金融機関でもご利用頂けます。(一部の信用組合を除く)
☆領収書は今まで通りお届けします。
☆カード会社からの利用明細書には「ASA新聞購読料」等と明記されます。
☆購読を中止した場合、引落しは自動的に翌月から中止されます。
☆月中で購読を中止した場合、それまでの購読料を清算させていただき、残金を当月中、もしくは翌月にお客様へ返金いたします。

お申込み

電話:042−572−1929

FAX:042−574−9941

朝日新聞本社の手続きページ

☆お申し込み受付後、お申込み書をお届けいたします。
☆購読料の初回引落しはお申込みのタイミングによって購読月の翌月。または、翌々月(ご利用カード会社の指定日)となります。

悪質セールス・セールスマンにご注意下さい!

「ASA国立西部」では、お客様にご満足頂ける新聞販売を心掛けています。
最近、「朝日新聞ではキャンペーンをやっています」「一旦購読を止めて頂かないとサービスできません」などと言って、言葉巧みに勧誘するセールスが横行しております。

当店では、現在「キャンペーン」は行なっておりませんし、購読に関しましても、少しでも長く続けて頂けるよう、サービスその他で努力しております。

手口例1 2人で訪問し、1人が朝日になりすまし、「私は朝日のものですが、友達が困っているので助けてください」などと、言葉巧みに契約を迫る。
手口例2 他紙のセールスマンが、朝日新聞の購読契約書を見せ、「どの新聞も共同で販売をしている」と偽って契約する。

朝日新聞のセールスはASA国立西部の従業員及び、朝日新聞社登録スタッフ以外では行えません。不審に思ったら、「朝日新聞スタッフ証」の提示を求めるか、その場で販売店にご連絡下さい。